ブログ

$logo_alt
2016年08月23日

久し振りの台風の直撃

水不足の関東地方には、半日で一月分以上の雨で、恵みの雨どころか、ありがた迷惑的な、浸水や土砂の流出、広範囲の停電等余りに酷い台風の被害でしたが、二週間続いた、リオ五輪の寝不足で腰痛や、夏負けの体調不良がダメ押しの台風で、余計に表面化する方々も多いのでは? なるべく身体を冷やさず、食べる物も消化の良い物を、良く噛んでなお一層消化に負担を掛けずに取る事が、体調の低下を元に戻す秘訣です。湿気が多く動くと余計に汗が出るから動かない!これこそが諸悪の根源なのです。 湿気の多い時こそ、身体を動かし、不完全燃料物を、汗と一緒に押し出し、新鮮な水分を補給して、身体の水分環境を、新しく循環させることこそ、夏を乗り切る最短の方法です。 疲れたから横に成る、暑いから横に成る、それでは一時の楽以外には有りません。動いて汗を流し、新しい水分を補給して、栄養もバランス良く取り、それから適時に、身体に休養を与える。これ以外に夏を乗り切る秘訣はありません。お試しください。但し、どんな良い事も、遣りすぎれば害になります。ご用心!それでも身体が重く感じる方はギンザ指圧にお出で下さい。お待ちしております。         ギンザ指圧 住所 〒104-0061 東京都中央区銀座2-11-1 ギンザランドビル4F TEL 03-6278-8144 お休み 日曜日、祝日

$logo_alt
2016年08月08日

この処、気になる患者さん

何故か、この処、年代的には50代から60代の方、何人かに糖尿病の症状に思える方が続いています。背中の痛みだったり、坐骨神経痛だったり足の甲に痛みが出たり、症状は色々ですが、医者の診断を受けての共通項は血液検査の結果が高い事、尿に甘い匂いがして明らかに糖分が尿に混じって排泄していること、喉が渇き水分を取る事が多い事、特に足の何処かに痛みが継続する事がある。治療所に来る患者では仰向けの姿勢で下腿骨際を骨に沿って押すと、たいてい有る場所が硬くなっていて痛みが極度に感じる。その場所は膵臓や肝臓に異常が生じると、警告的に知らせる一番のツボでもある。逆に言えば、そこの痛みが無くなれば膵臓や肝臓の警告が一段下がり身体の負担が減少した事を知らせてくれる場所でもある。身体には経絡と言うネットワークが存在しており、この経絡を上手く使い、痛み凝りを調節して症状を改善させるのが東洋医学の治療です。痛みや凝りは、病気の前駆症状で有ったり、内部の異常を知らせる警告です。我慢し過ぎて状態を悪化させない、ご自分への配慮も必要な事です。     ギンザ指圧 住所 〒104-0061 東京都中央区銀座2-11-1 ギンザランドビル4F TEL 03-6278-8144 お休み 日曜日、祝日

$logo_alt
2016年08月01日

友遠くより来る

同世代の患者が7年半振りに電話をくれて来院。背中が痛くて堪らない!と久しぶりの友は言った。7年前に医者から糖尿病の疑いを診断されたが、医者が嫌い、怖い、仕事が忙しい等の理由から、そのまま身体には何もせずに、年数を経過したが、どうにもならずについに治療を受けずには、痛みが酷くて我慢が出来なくなり、ようやくのことで来院。本人いわく、背骨が、自分の胃袋を刺すような感じの痛みで、特にパソコンをしている時の、痛みは我慢が出来ない。医者に行き、検査の結果、ヘモグロビンA1cが10.0、空腹時血糖値が3百数十で、立派な糖尿病患者だと言われたようです。自分で会社の経営をしているので、他人に使われている訳では無いので、背中の痛みだけで、心臓にも目にも坐骨神経痛も出ていないのは、医者からすれば大変珍しい事なのだろう?1時間20分の治療を受けて、背中の痛みが取れ、足の重さが全く無くなった!と本人は言ったが、自分の身体を、精神がコントロールして、症状を抑えている良い例では有るのですが、症状が軽く抑えられている分、身体の中はボロボロになっている可能性は十分な訳で、身体的には無理に無理を重ねて時間が経過しているので、症状が軽くなったとはいえ、原因はかなり身体の奥に蓄積している事に何ら変わりは無い。余程の心構えで治療を受ける必要を感じた。又このまま、症状が軽くなったからと、一年の二年も空いたら、彼の身体も、命もどのようになるか?想像に難くない。糖尿病と真剣に向かい会い、治療は勿論、運動療法や、食事療法も必要なもの全て遣る事が、何にも先に優先されなければ、九重親方の二の舞だろう?カッコ良さより、カッコ悪くても長生きした方が、やり残しが無いように行きたい!     ギンザ指圧 住所 〒104-0061 東京都中央区銀座2-11-1 ギンザランドビル4F TEL 03-6278-8144 お休み 日曜日、祝日

$logo_alt
2016年08月01日

8月の土曜日営業

8月の土曜営業は、6・13・27の三日間になります。前日の金曜に予約を頂けると、重複を避けられご希望の時間をお取りする事が可能です。当日でも可能ですが、出来れば前日予約を、ご利用頂く事をお勧め致します。 尚午後の予約が切れている場合は、当日の都合により3時前に営業の終了をする場合も有ります事をご理解・ご了承の程、お願い申しあげます。本格的な夏の到来です。夏負けしないようお過ごしください。 体調管理には、ギンザ指圧を是非ご利用ください。     ギンザ指圧 住所 〒104-0061 東京都中央区銀座2-11-1 ギンザランドビル4F TEL 03-6278-8144 お休み 日曜日、祝日

$logo_alt
2016年07月19日

東海以西が梅雨明けしましたが

海の日の昨日東海以西の各地の梅雨明けが宣言されましたが、関東は多少雲が有ったとは言え、暑さは完全な梅雨明けの猛暑。温暖化の傾向で西のようなピーカンの梅雨明けでは無いものの、あの暑さは梅雨明けと私の身体は訴えていますが、気象庁ではすっきりしない晴れに梅雨明け宣言はしない。多分、後から「関東地方の梅雨明けは7・18の海の記念日に明けたものと思われる」と後から宣言にするのではと、疑う3連休明けであります。このような暑さ本番になると、一日を通してなるべく涼しい処で過ごそうと思いがちですが、発汗が阻害される環境は、身体に良い事は無く、熱がこもりやすくなるのと、身体の外ばかりでは無く、内側も冷たい食べ物や飲み物で冷やされやすく、腸温が下がり、消化不良や発汗が出にくい環境が、夏風邪が中々治らなかったり、身体がだるい状況が続きやすくなります。夏は汗をかく事によって体温を調整させ、身体を活発に働かせる効果が有りますが、身体を動かさずに、涼しい処に長く居て、冷たい飲み物を摂りすぎれば、身体全体が、働きを制限され、腰痛や神経痛、下痢や慢性的な風邪の咳、微熱、だるさ等症状が現れやすくなる事を心してください。予防はすべて逆行動をして下さい。すなわち、汗をかき、身体を動かし、温かい物を食べ・飲んで、冷たい飲み物は極力制限し、風呂もシャワーのみで済ませず、浴槽につかってよく温まり、汗を流す。汗をかいて下着が濡れたら、なるべく早く着替える。身体を冷やさない。中々現実は難しいかも知れませんが、心がけて下さい。ギンザ指圧からのお願いです。       ギンザ指圧 住所 〒104-0061 東京都中央区銀座2-11-1 ギンザランドビル4F TEL 03-6278-8144 お休み 日曜日、祝日