はじめての方へ

ギンザ指圧とは

増永静人先生が昭和48年に医王会指圧センターの銀座分院を発足させ、昭和56年に56歳の若さでみまかれた後、有志の所員で独立採算の「銀座指圧」となり長く銀座7丁目で営業していましたが、昨年末を以って高齢を理由に経営者の川合氏が治療のみに専念したい旨から、経営を平井に代わり「ギンザ指圧」という名前に変更して、場所を銀座2丁目に移しH21年1月末より新たな体勢となりました。

経路指圧を提唱実践、海外にまで講習を行った故増永先生の「経路指圧」の教えをベースにカイロ技術や整体、及び針・灸等の手技を適宣に加えて治療を現在は行って治療をしています。
所員は全員で4名。

すべてが国家免許を所持しており、ベテランの治療師が体調管理や症状に合わせた治療を行っています。

経絡指圧

経絡指圧は欧米では良く知られた指圧法です。この指圧は「病気を治す」ための指圧として故増永静人先生が創始しました。病医院に通院されている方や病気療養中の方、また病気ではないけれど体が辛いと感じている方などを対象にしています。

一般の指圧が症状別に分類した「ツボ」を施術するのに対し、経絡指圧では各人の症状に適した「スジ」(これを「経絡」と呼びます)を探し出し、そのスジの上をその状態に合わせて順次指圧するものです。ですから点在するツボをばらばらに圧すと言うイメージではありません。横臥、仰臥と指圧の臥位が変化しても常に12本の経絡線上を指圧するのが特徴です。

院長プロフィール

img_first01
img_first02

■院長略歴

1947年  千葉県野田市で生まれる
1965年  都立王子工業高等学校機械科卒業
1977年  東京鍼灸柔整専門学校本科入学同時に研修生として医王会指圧に師事
1980年  国家資格免許取得
1981年  増永静人先生逝去
1982年  有志にて共同経営で銀座指圧を発足
2008年  12月を以って銀座指圧を閉院
2009年  1月よりギンザ指圧を名称を変更、代表者として現在に至る